AKB NEWS 前田敦子バッシング本格化! 出る(ソロ活動する)AKBは叩かれる!?

AKB NEWS

姉妹サイト→AKB あんてな♪ http://amarub.hiroimon.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

前田敦子バッシング本格化! 出る(ソロ活動する)AKBは叩かれる!?

a
堀北真希主演で2007年に放映されたドラマ『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』(フジテレビ系)。原作となっている『花ざかりの君たちへ』(白泉社/中条比紗也著)は、単行本が1,700万部の売れ行きを記録している人気作。ドラマでは小栗旬、水嶋ヒロ、生田斗真ら、今となっては知らないものは少ない俳優や表現者らが出演しており、その最高視聴率は21パーセント、平均視聴率も17.3パーセントと、文字通り人気ドラマとなった。


 そして7月10日、主演を堀北真希からAKB48の前田敦子へとバトンタッチした『花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011』(フジテレビ系)第1回が放送されたが、その平均視聴率は10.1パーセント(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。現段階では、堀北バージョンの"イケパラ"と視聴率の面で大きな差がついたことになる。

 ネット上ではさらに、前田の演技や男装について「かわいくない」「前作の完成度が高すぎた」「前田敦子の演技が見てらんない」「コケメンパラダイスw」等のバッシングが殺到している。また「前田敦子ってAKBの中では可愛いと思うけど 堀北と比べると......ってかんじだな」等、堀北の外見と比較する声も。

 前作と比べた場合の視聴率自体に批判が集まるのであればまだしも、前田がここまで叩かれてしまうのはなぜか。

「いまやAKB48は国民的アイドルとして君臨していますが、かねてより、その総選挙の手法についての賛否や、先の江口愛実騒動など、売り方に対して疑問の声が上がっていることは事実。いわば負の側面もあるアイドルなんです。先日の総選挙第一位となり、AKB48の顔となったマエアツがその負の部分を受け止めているんじゃないでしょうか。同じくマエアツが主演を務め、先日公開された映画『もしドラ』も興行成績としては成功とは言いがたかったですから、今回のドラマの初回視聴率も合わせ、ぱっとしない話題が続けて出たことで、AKB48に対する負の感情がマエアツに一気に押し寄せたようにも見えます」

 また、前田だけでなく、ソロで活躍するAKB48メンバーは、ややもすると叩かれる傾向があるようだ。

「ソロデビューを果たした板野友美も、かねてよりAKB48メンバーから『ちんちん』などと揶揄されているという噂もありますし、何よりその成長を経て激変した顔立ちについては常日頃から『ただの成長じゃないのでは』とネットを中心に話題に上りがちです。また今回の『イケメン☆パラダイス』では、同じくAKB48から、今年の総選挙3位の柏木由紀も出演していますが、こちらもネットでは『お嬢様役は似合わない』など早速叩かれていますね」(同)

 集団の中から目立つメンバーが生まれるとそこに注目が集まるのは当然であり、その一挙手一投足に賛否が巻き起こるのも致し方のないところではある。しかしAKB48は、その集団としての勢い、メンバー同士の関係性に大きな魅力があり、そこから一旦"個"になってしまうと、ソロで活躍している他の芸能人と比べた場合、やはり地味な印象は拭えない。そこにまず、バッシングの可能性が生まれる。加えて、先に述べたように、もともと"負の側面"を併せ持っているグループでもあるため、視聴率や興行成績といった数字的なところから、容姿に至るまで、その"出る杭"となったメンバーに対して批判が集中するという傾向はあるだろう。

 イケパラは第一回視聴率が10パーセント台。次回にはひと桁となる可能性も濃厚だと囁かれている。回を重ねるごとに、この前田バッシングの声が大きくなっていきはしないか、気になるところである。
スポンサーサイト
[ 2011/07/11 23:37 ] AKB48 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール
アイドルの一ファンとしてアイドルに関する様々なNEWSを取り上げていきます。


AKB NEWSの姉妹サイト。

http://amarub.hiroimon.com/

主に2ch,動画,画像を取り上げていきます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。