AKB NEWS AKB48秋元才加、篠田麻里子のダメ出しにショック!アッキーナとおしゃれトーク

AKB NEWS

姉妹サイト→AKB あんてな♪ http://amarub.hiroimon.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

AKB48秋元才加、篠田麻里子のダメ出しにショック!アッキーナとおしゃれトーク

アイドルグループAKB48の秋元才加、タレントの南明奈が20日、東京・松坂屋銀座店で行われた「SAVOY 銀座店」プレオープンイベントに浴衣姿で登場した。





「SAVOY」は、「バッグも服のように、あなたのスタイルでコーディネート」をコンセプトに、常時5000点近くのバッグを展開する人気のファストバッグブランド。

丁寧な縫製、細やかなディテールにこだわりながらも、商品価格は2000円~5000円とお手頃なため、その日の気分やシーンに合わせてコーディネートできるのが魅力だ。

囲み取材では、キュートな浴衣を見にまとった2人が、夏の想い出やファッションについてガールズトークを展開した。

◆プレゼントは「値段じゃない、気持ちが大切」

「SAVOY」のバッグのような低価格のプレゼントでも満足できる?という質問に対し、二人は声を揃え「全然満足ですよ!」ときっぱり。

さらに、秋元才加は「女性はキラキラしたものがすごい好きだと思うので、年齢問わず使えると思います。(プレゼントは)値段じゃないです、気持ちです」と力強く語った。

◆選抜じゃんけん大会についてコメント

また、秋元才加は、9月20日に東京・日本武道館で開催される「AKB48 24thシングル選抜じゃんけん大会」について聞かれると、「去年は、気持ちの強い子が選抜に残ったので、私も気持ちを高めていきたいですね。出だしでどれだけインパクトが出せるか、そんなことばかり考えています」と密かな闘士を燃やしていた。



南明奈
◆忘れられない夏の思い出

夏の思い出を聞かれた南明奈は、「青森におじいちゃん、おばあちゃんがいるので、毎年車で20時間かけて青森に行くのが夏休みの恒例でしたね。でも、最近はお仕事で行けていないので一泊でもいいから行けたらなと思っています」とコメント。

一方、秋元才加は、「学生時代バスケをやっていたので、大会の瞬間だったり、試合で負けた時のことは今でも熱かったなぁ~って思い出しますね」としみじみ語った。

さらに、AKB48としての夏の思い出については、「昔、花やしきでイベントをやらせて頂いた時があって、浴衣を着てファンの皆さんと夏祭りのように盛り上がりました。今のAKBの状況でもファンの人たちと近くでこんなイベントができたらいいな」と語り、ファン思いな一面を覗かせた。

◆オシャレについて

着用した浴衣について秋元才加は、「AKBでは大体、黒とか紺色の衣装が多いので、いつも極妻っぽいって言われるんですけど、今年はちょっと明るく色々な色を着て新しい自分を見つけたいですね」とコメント。



秋元才加(AKB48)、南明奈
南明奈も「アッキーナってピンクっぽいよねっていつも言われるので、今日は皆さんのイメージ通りのピンクを着てきました。でも紫も入っているので、可愛らしすぎず、大人っぽさもあるのがポイントです」と語った。

バッグはどのくらい持ってる?との質問に秋元才加は「私は、一個のバッグを長く使うタイプなので5、6個くらいかな」、南明奈は「バッグがすごく好きで、色々なテイストの洋服を着るので、30位は持っていますね」と答えた。

◆篠田麻里子が、秋元才加のファッションにダメだし

同日行われた別の会見で、AKB48メンバーの篠田麻里子が「秋元才加のおしゃれを直してあげたい」と発言したことを記者から聞かされた秋元才加は、「ちょっと待ってよ!勘弁してよ~」と苦笑。

さらに「センスに自信?メンバーに言われすぎてないんですよ。でも、こういうお仕事をさせて頂いているので徐々につけていかないと。今日もアッキーナの隣に居ることが奇跡だと思っています」と恐縮した。
スポンサーサイト
[ 2011/07/23 12:21 ] AKB48 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール
アイドルの一ファンとしてアイドルに関する様々なNEWSを取り上げていきます。


AKB NEWSの姉妹サイト。

http://amarub.hiroimon.com/

主に2ch,動画,画像を取り上げていきます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。