AKB NEWS 【オリコン上半期】AKB48がミリオン2作 女性歌手33年ぶりのシングル1・2位独占

AKB NEWS

姉妹サイト→AKB あんてな♪ http://amarub.hiroimon.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【オリコン上半期】AKB48がミリオン2作 女性歌手33年ぶりのシングル1・2位独占

■上半期トータルセールスは66.6億円で初首位

 人気アイドルグループ・AKB48が、「オリコン2011年上半期ランキング」(集計期間:2010年12/27付~2011年6/20付)のシングルセールス部門で1・2位を独占した。さらに、 シングル、アルバム、ミュージックDVD、ミュージックBlu-ray Discの売上額を合計した「アーティスト別トータルセールス」では66.6億円を記録して1位となり、上半期2冠に輝いた。AKB48の「上半期アーティスト別トータルセールス」「作品別シングル売上枚数」の受賞はともに初めて。

 「第3回選抜総選挙」で社会現象を巻き起こしたAKB48は、同選挙の投票権が付いたシングル「Everyday、カチューシャ」(5月25日発売・上半期売上149.9万枚)が上半期1位、恒例の桜ソング「桜の木になろう」(2月16日発売・107.7万枚)が同2位に。また、デビュー6年目にして初のオリジナルアルバム『ここにいたこと』(6月8日発売・60.2万枚)はわずか1週分の売上で上半期アルバム部門2位に入るなど、盤種を問わずヒットを量産。「シングル」「アルバム」「ミュージックDVD」にランクインした計18作品の総売上額は、昨年同期の25.8億円から約2.5倍増となる66.6億円を記録した。

■女性歌手では1978年ピンク・レディー以来の1・2位独占

 上半期シングルセールス部門1・2位独占は、1978年のピンク・レディー、1988年の光GENJI、2009・2010年の嵐に続く史上4 組目の快挙。女性アーティストでは前出のピンク・レディーが「UFO」(上半期売上153.0万枚)と「サウスポー」(同124.0万枚)で記録して以来、33年ぶり史上2組目。女性グループによる上半期シングル1位は、1984年のわらべ「もしも明日が…。」(同96.7万枚)以来27年ぶりとなった。

 なお、上半期のシングルミリオン突破は、2006年のKAT-TUN「Real Face」(同100.1万枚)以来5年ぶり。同一アーティストによる上半期内2作のシングルミリオンは、CD全盛期の1999年にGLAYが「Winter,again」(同163.8万枚)と「BE WITH YOU」(同117.3万枚)で記録して以来12年ぶり。AKB48にとって記録ずくめの上半期となった。

■板野友美がシングル部門女性ソロ1位

 なお、シングルセールス部門では、名古屋・栄を拠点に活動するSKE48の5thシングル「バンザイVenus」(3月9日発売)が27.0万枚で5位、大島優子ら4人からなるNot yetのデビュー曲「週末Not yet」(3月16日発売)が23.8万枚で9位、板野友美のソロデビュー曲「Dear J」(1月26日発売)は女性ソロ首位の21.5万枚で10位に。TOP10のうち半数をAKB48関連の作品が占拠し、“AKBフィーバー”を象徴するランキングとなった。

■「アーティスト別トータルセールス」ランキング
1. AKB48(66.6億円/377.0万枚)
2. 嵐(65.9億円/174.4万枚)
3. EXILE(46.8億円/100.0万枚)
4. 安室奈美恵(27.0億円/63.3万枚)
5. 少女時代(26.0億円/80.9万枚)
※2010年12/27付~2011年6/20付のシングル+アルバム+ミュージックDVD+ミュージックBlu-ray Discの総売上額&総売上枚数
スポンサーサイト
[ 2011/06/22 21:21 ] AKB48 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール
アイドルの一ファンとしてアイドルに関する様々なNEWSを取り上げていきます。


AKB NEWSの姉妹サイト。

http://amarub.hiroimon.com/

主に2ch,動画,画像を取り上げていきます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。